深掘り*タカラヅカ

大好きな宝塚について、マニアックに深掘りしていきます。

『パッション・ダムール』感想/各シーンはどの作品から?

みなさま、お久しぶりです!

 

先日、凪七さんのコンサート

『パッション・ダムール愛の夢−』を観劇してまいりました🥰

 

f:id:Natsu3ichi:20201023235414j:plain 

 

岡田先生のロマンチック・レビューが大好きな私にとってまさに垂涎ものの構成で、

「大好きなあの名場面が目の前に…!!!」と、本当にこれ以上なく幸せな観劇となりました♥

 

 

ところでこのコンサートの各シーンは、具体的にはどの作品から引用されているのでしょうか?

 

自分用のメモも兼ねて、今回はこの点について深掘りしていきたいと思います✨

また、感想も併せて。

 

 

【第1幕】

第1章 〈プロローグ〉

テーマ曲の「パッション・ダムール」は、今回のために作られたオリジナル曲です。

 

 

−間奏曲Ⅰ−

凪七さんが歌われた「DRIFTER IN THE CITY」は、『ダンディズム!』(1995年・花組)より。

DRIFTER IN THE CITY

DRIFTER IN THE CITY

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

この曲はその後シトラスの風-Sunrise-』(2018年・宙組)において、星条さんが歌っておられました。

DRIFTER IN THE CITY

DRIFTER IN THE CITY

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

 

第2章 〈アディオス・パンパミーア〉

鞭を使ったダンスが痺れるこのシーンは、『ネオ・ダンディズム!-男の美学-』(2006年・星組初演)より。

 湖月わたるさんのご卒業公演ということもあり、サヨナラ色の強い場面でした。

 

 

−間奏曲Ⅱ−

有栖さんと莉奈さんが歌われた「Ramona」は、『Amour それは…』(2009年・宙組初演)で使われた曲です。

羽扇を使った優雅な雰囲気にうっとり💕

この曲で、妖精の世界に誘われ…

 

 

第3章 〈妖精の森〉

凪七さんがリアルプリンス!なこのシーンは、前のシーンと同じく『Amour それは…』より。

music.apple.com

 

パステルカラーに包まれた、私の大好きな甘い甘い夢の世界がそこにありました…💞

ベタですが、とびきり素敵な男役さんが、とびきりかわいい娘役さんと出会って、そして恋に落ちる…そんなシーンが大好きなんですよね。

 

 

−間奏曲Ⅲ−

天月さん・叶さん・汐聖さんが小粋にキメる「You and the night and the music」は、『ダンディズム!』より。

こちらもその後、『ネオ・ダンディズム!-男の美学-』で歌われました。

 

 

第4章 〈愛の誘惑〉

テンションが爆上がりだったこの一連のシーンは、『ル・ポァゾン-愛の媚薬-』(1992年・月組初演)より。

 

真緑のピンスポットを浴び、まずは縣さんが青い林檎を持って妖しく歌います。

そして林檎がぶん投げられた後は、「ザ・男役!」というような、もの凄く男くさいスーツでのダンス。

「この振付!やっぱりこういうコテコテなのが好き~💖」と、血が滾りました。

 

 

−間奏曲Ⅳ−

前のシーンとは打って変わって、爽やかに登場した叶さん。

シトラスの風Ⅱ』(2014年・宙組)、シトラスの風Ⅲ』(2015年・宙組)で使われた「Smile」を歌われました。

 

Smile

Smile

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

曲の雰囲気と歌い方、そして笑顔がとてもマッチしていて、肩の力が抜けてこちらも微笑んでしまうような空気感に、劇場が包まれました。

 

 

第5章 〈ALL BY MYSELF〉

メッセージ性が心に響くこのシーンは、『ナルシス・ノアール』(1991年・星組初演)より。

学年を重ねられた凪七さんだからこそ、ハマるシーンだったと感じました。

 

 

 

 

【第2幕】

第6章 〈ハードボイルド〉

パキッとした白黒ストライプのスーツに身を固めた、眞ノ宮さん・縣さんのタンゴから始まるこのシーン。

こちらはロマンチック・レビューを語るうえでは欠かせない、『ダンディズム!』の名場面です🌟

PARADISO

PARADISO

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

ここの眞ノ宮さん、とってもけしからん感じの前髪でして…

(いいぞもっとやれ)(はらはら靡く前髪が大好物)

 

とにかく皆さんがかっこよすぎて、息が詰まりそうなシーンでした!!!!!

 

 

こちらの「PARADISO」という曲は、『ネオ・ダンディズム!-男の美学-』

PARADISO

PARADISO

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

そしてシトラスの風-Sunrise-』にも受け継がれました。

PARADISO

PARADISO

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

 

−間奏曲Ⅴ−

可愛らしいフリフリのお帽子スタイルで、清らかで澄んだ歌声を披露して下さった有栖さん。

曲は同じく『ダンディズム!』より、「仙女の祈り」です。

仙女の祈り

仙女の祈り

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

有栖さんのご活躍が、もっともっと見たいなと思う今日この頃です。

 

 

第7章 〈学生王子(GOLDEN DAYS)〉

このシーンはロマンチック・レビュー・シリーズからは外れますが、同じ岡田先生の作品であるタカラヅカ・グローリー』(2004年・雪組)からの引用です。

 

士官と令嬢という、とってもタカラヅカらしい組み合わせでございました。

 

 

 

−間奏曲Ⅵ−

しっとりと美声を聞かせて下さった、天月さんと千風さんのコンビ。

このシーンは、シトラスの風』(1998年・宙組)、シトラスの風Ⅱ』シトラスの風Ⅲ』からの引用でした。

 

music.apple.com

YOUME AMOR(夢・アモール)(デュエット)

YOUME AMOR(夢・アモール)(デュエット)

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

YOUME AMOR(夢・アモール)(2)

YOUME AMOR(夢・アモール)(2)

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

 

−間奏曲Ⅶ−

ここで使われた「She」は、『Amour それは…』で蘭寿さんが歌っておられました。

縣さんの伸びやかなダンスが、とても印象に残るシーンでした✨

 

 

 

第8章 〈愛の歌〉

 

ここで歌われた「愛の歌」は、リサーチ不足で申し訳ないのですが、どうやらタカラヅカの名曲であることは間違いないようです。(おい)

愛の歌

愛の歌

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

 

分かり次第追記します~!

(熱愛のボレロと混じる…)

 

 

 

 

以上、本編の各シーンがどの作品から引用されたかをまとめてみました。

丁寧に探したつもりではありますが、抜けや間違いがあったらすみません💦

 

 

 

まさに『ザ・ロマンチック・レビュー』ともいうべきな構成。

どのシーンも名場面ばかりで、岡田先生のファンとして、そして宝塚ファンとして、本当に大満足の公演でした。

 

また、第〇章と間奏曲が交互に来る構成に、あぁ、岡田先生のレビューだなぁと思ったり。

 

 

とにかく岡田先生、本当にありがとうございました♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

これからも先生の作品を観劇できること、心より楽しみにしております!!

 

 

個人的には大変マニアックですが、

凪七さん、11年越しに『Amour それは…』に出演!?

という感想が残りました(笑)

 

と言いますのも、凪七さんは当時『エリザベート』に出演しておられて、アムールには出演されずだったのです。

 

また、今回はプロローグの娘役さんのお衣装が夢・アモールのシーンで使われていたものだったし、同じシーンの曲も歌われていたし、妖精のシーンもラモーナのシーンもsheも引用されてたし、で、けっこうアムール成分が多めだったなと思いました😂

 

 

 

 10月25日(日)14時半からは、この公演のライブ配信もありますね!

 

www.tca-pictures.net

 

タカラヅカファンの皆様に、全力でおすすめしたい公演です!

そして、優美で華やかなロマンチック・レビューの世界に浸り、ひとときの安らぎになること間違いなしです💚

 

 

ロマンチック・レビュー・シリーズの、『シトラスの風』に関する記事はこちら!

natsu3ichi.hatenablog.com

 

 

 

ブログ村に参加しております。

ポチして頂けたらとても嬉しいです!更新の励みになります!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村