深掘り*タカラヅカ

大好きな宝塚について、マニアックに深掘りしていきます。

明日海・華で「お菓子」テーマ【レヴュー創作】☆絵追加

*この記事には、「〇〇さんでこんなレヴューが見たい!」という私の創作を載せています。

またこのシリーズには、実在の生徒さんのお名前が登場します。

中には卒業した生徒さんや、トップにはなっていないけれど主演に据えている生徒さん、組んでいない主演コンビ、組替え前の組に出ている生徒さんなども登場しています。

そういったものが苦手な方は閲覧をお控えいただきますよう、よろしくお願い申し上げます<m(__)m>

 

 

「レヴュー創作」シリーズ、第2弾は明日海りおさん・華優希さん主演で、「お菓子」テーマのレヴューを考えました。

 

(こんな時にアレですが、こんな時こそ、楽しくてワクワクすることを考えたい…)

 

 

お菓子テーマのレヴュー、今までありそうでなかったですよね??

そして、明日海さんがパンケーキがお好きだということや、みりはなの甘い雰囲気にお菓子がぴったりくるんじゃないかと思ったことから、この二人率いる花組で、このテーマのレヴューをやってほしいなと思いました!

 

 

タイトルは

スイート・レヴュー『Pâtisserie de TAKARAZUKA』(パティスリー ド タカラヅカ

といたしました。

pâtisserieはまあ、本当は細かい定義があるのですが、ここではざっくりと「お菓子屋さん」くらいの意味で使ってます。

作品の中に様々なお菓子が登場するので、まるでお菓子屋さんみたいなレヴューになったらいいなぁという思いを込めて。

 

電飾やセットはこんな感じで。

f:id:Natsu3ichi:20200227163540j:plain 

ホイップクリームや板チョコなどを、スイーツデコのように飾りたいです。

 

 

またお菓子がテーマのレヴューということで、リヒャルト・シュトラウスのバレエ《お菓子のクリーム》や湯山昭ピアノ曲集『お菓子の世界』、そしてチャイコフスキーのバレエ《くるみ割り人形》を中心に選曲しました。

 

 

それでは、各場面はこんな感じ!というのに移ります。

 

 

第1章 プロローグ

幕が開くと、まずスクリーンに撮り下ろしのケーキ屋のCMが映し出されます。

出演は明日海さん・柚香さん・瀬戸さん・水美さんの四人。

イケメンがお菓子作りしているのってとってもかっこいいので、ぜひぜひ四人にも挑戦してもらいたいです♡

そして、円盤の特典映像に入れて頂きたい。(←ここ重要)

 

それが終わると、シルクハットにマント姿の甘党の紳士(柚香さん)が、せり上がりで登場します。

手にはケーキボックス。私は柚香さんの、相手に向けるとっても優しいまなざしが大好きなので、ここではそれを手元に向けて頂きたいです。

曲は「ケーキ屋の店先」で。

 

music.apple.com

 

 

 柚香さんが銀橋を渡りきると、主題歌が歌われるメインのシーンに移ります。

役名は男役さんがパティシエS、娘役さんがパティシエールSとかで、お衣装はコックコート風。

『I AM FROM AUSTRIA』の製菓部のお衣装がとってもかわいらしくて素敵だったので、あんな感じでお願いしたいですね。

 

 

主題歌が終わると、巨大なパンケーキのセットが登場します。

その上でラブラブするみりはなが見たいです~✿

曲はCNBLUEの「Sweet Holiday」で!!

この曲、明日海さんの甘い歌声で聞きたいです。(もちろん日本語訳で)

 

Sweet Holiday

Sweet Holiday

  • CNBLUE
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

 

 

第2章 ヘクセンハウスミュータンス

銀橋上で、父親が二人の小さな子供に『ヘンゼルとグレーテル』の絵本を読み聞かせしています。

「グレーテルはヘンゼルを助け出し、二人は喜び合いました。めでたしめでたし…」

と絵本はここで終わるのですが、子供から素朴な疑問が。「ねぇ、お菓子の家はそのあとどうなったの…?」

 

それを聞き、焼け死んだはずの魔女が舞台奥から登場。

「お菓子の家はまだ森の中に残っている。それどころか、魔女なんかよりもっと恐ろしいものが棲みついている…」と。

 

幕が上がり、舞台は森の中。

飛龍さん・聖乃さん・一之瀬さんの甘党男子三人組が、うわさを聞きつけお菓子の家を探しています。

曲は「くいしんぼう」で。

 

<間奏曲3> くいしんぼう

<間奏曲3> くいしんぼう

  • 堀江真理子
  • クラシック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

そこに、なんと本当にお菓子の家が登場!

夢中でお菓子を食べる三人。ですが、お菓子の家には何やら妖しく美しいものたちが棲みついていて、次第に三人はそれらに取りつかれてしまします。

妖しく美しいものたちは紫メインのお衣装で、リップもダークなもので、人外な雰囲気。柚香さんを中心に、冴月さんといったダンサーや、帆純さんといった美形さんを集めたいです。

 

彼らはいったい何者なのか…?それは、シーンの最後に先ほどの魔女が「こうならないように気をつけなきゃねえ…」と、ふところから歯ブラシを出す形で、種明かしになればなぁと。(タカラヅカなので、あくまでも美しく行きたい。)

というわけで、曲はこちらを使いたいです。

 

間奏曲1 むしば

間奏曲1 むしば

  • 井内澄子
  • クラシック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

music.apple.com

 

 

 

第3章 バレンタイン狂騒曲

華さん中心に、100期以下の娘役さんが制服姿でずらっと銀橋に並びます。

お衣装は『A-EN』で使われた制服がいいなぁ。

 

さて、チョコレートを誰にあげるかで、校内の話題は持ち切りです。

ここの曲はPerfumeの「チョコレイト・ディスコ」で行きましょう。

チョコレイト・ディスコ

チョコレイト・ディスコ

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

ここで、特に人気のある男役が紹介されます。

生徒で一番人気なのは、バスケ部の水美先パイ。爽やかスポーツマンで、美しい筋肉についついときめいてしまいます。

教員で一番人気なのは、家庭科の瀬戸先生。とってもダンディーで、特技はオムライスづくりだとか。

 

そして、男役さんにあげるのもいいけれど、もちろん友チョコも忘れずにねと歌います。

娘役さんたちは、アクセサリー作りで鍛えた力でそれぞれチョコのラッピングをして、小道具として使ってほしいです。

 

 

 

第4章 Bitter&Sweet

幕開きは明日海さんからバーンと。

男役さんたちが、「ちょっぴりほろ苦い大人の恋」について歌います。

お衣装はビターチョコレートのイメージで、ショコラ色の変わり燕尾で、カフスボタンがチョコレートなど、細かいこだわりを入れたいなぁと。

 

曲も

チョコ・バー

チョコ・バー

  • 堀江真理子
  • クラシック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

music.apple.com

 

といった、チョコレートにちなんだものを使いたいなぁと思います。

 

 

そして、次はお砂糖たっぷりの甘いクリームをイメージした娘役さんたちが、「甘い恋」について歌います。

ここでどうしてもやりたいのが、ジーグフェルド・フォーリーズの巨大螺旋階段ケーキみたいなスペクタクルです。


MGM musicals

 

もちろんてっぺんの娘役さんは華さんで!!

 

 

曲はミュージカル『メリー・ポピンズ』の「A Spoonful of Suger」や

music.apple.com

 

「ホイップ・クリームのワルツ」

music.apple.com

 

といったものを。

 

 

そして、甘×苦が混ざり合わさって、中詰めの総踊りとなります。

曲はこちらで!

ウィーンのボンボン

ウィーンのボンボン

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

 

第5章 Birthday

仕事帰りでスーツ姿の社会人明日海パパさん。

いつも家族を大切に思って頑張っている気持ちを、

ミュージカル『マイ・フェア・レディ』の「君住む街角」

My Fair Lady: On the Street Where You Live (Freddy)

My Fair Lady: On the Street Where You Live (Freddy)

  • Studio Chorus, Glenn Kezer, Gordon Dilworth, ジェームズ・モリス, John Michael King, ジュリー・アンドリュース, Philippa Bevans, Reid Shelton, Rex Harrison, Robert Coote, Rod McLennan, Stanley Holloway, フランツ・アラーズ, Herb Surface & スタジオ・オーケストラ
  • サウンドトラック
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

 に載せて歌います。

 

 

どうやら彼は、謎の招待状をもらっている様子。

指定された場所に行ってみると、そこは花で埋め尽くされた素敵なガーデン。

 

そして家族や友人たちは大きなバースデーケーキを運んできて、忙しすぎて本人がすっかり忘れていた、彼の誕生日を祝うのでした。

 

曲はベタですが、いわずと知れた「ハッピーバースデー」や、

バースデー・ケーキ

バースデー・ケーキ

  • 堀江真理子
  • クラシック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

こちらを使いたいですね。

 

 

 

第6章 Candy

綺城さんが城妃さん・音さんを引き連れて、銀橋で歌います。

衣装は綺城さんが、『Bouquet de TAKARAZUKA』の中詰めで凪七さんが着ていたクリーム色のスーツ、娘役さん二人は同シーンで使われていた、青の斜めストライプのワンピースです。

曲は、ソフィア・コッポラ監督の映画『マリー・アントワネット』でも使われていた「I Want Candy」

I Want Candy

I Want Candy

  • バウ・ワウ・ワウ
  • ロック
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

を、小粋な感じで歌って頂きたいです。

 

それが終わると、お次はラインダンス!

生徒さんを組カラーの5色に分け、それぞれストロベリー味・レモン味・抹茶ミルク味・ソーダ味・グレープ味のキャンディーを表現します。

 

曲は「CANDY CANDY」

CANDY CANDY

CANDY CANDY

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

を使って、ポップな感じに!

 

 

第7章 フィナーレ

ここではバレエ《くるみ割り人形》の曲を使っています。

まず、青色の軍服姿の男役さんによる、「行進曲」

music.apple.com

ボレロアレンジに合わせた男役群舞です。

 

次に、ドレス姿の娘役さんによる娘役群舞です。

お衣装は華さんだけピンクで、他は白色です。

曲は「金平糖の精の踊り」

くるみ割り人形 Op. 71a 第3曲 金平糖の精の踊り

くるみ割り人形 Op. 71a 第3曲 金平糖の精の踊り

  • 遠江国オーケストラ
  • クラシック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

を使います。

 

それが終わると、「花のワルツ」

「くるみ割り人形」~花のワルツ

「くるみ割り人形」~花のワルツ

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

に合わせて、主演二人以外の組子のデュエットダンスです。

そして、白軍服に着替えた明日海さんが登場。そのまま華さんと二人きりでデュエットダンスをし、幕となります。

 

 

第8章 パレード

シャンシャンは、チョコがけビスケットで!!

 f:id:Natsu3ichi:20200227163543j:plain

 

 

 

 

 

 

最近は、甘くゆめゆめしいレヴューが少ないので、たまにはそういったものも見たいなぁと思っております。

(まぁ、そういった作品が似合うスターさんが少ないということかもしれませんが…)

 

 

 

🍰イラストを追加しました。

f:id:Natsu3ichi:20201221182218j:plain

 f:id:Natsu3ichi:20210501181534j:plain

 

 

 Twitterでも紹介してます↓

 

 

 

 

ブログ村に参加しております。

ポチして頂けたらとても嬉しいです!更新の励みになります!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村